歴史背景を把握する

バスの側面

かつて夜行バスには、事業者が直接運行するタイプと旅行会社が委託運行するタイプがありました。後者は規制緩和をきっかけに誕生して、年を重ねるごとに乗客が増えていきました。 前者と後者では様々な違いがあり、例えば前者にはバス停の設置義務があり、後者にはありませんでした。というのも前者には道路運送法が、後者には旅行業法が適用されていて別々のものだったからです。 しかしある出来事がきっかけとなり、夜行バスの運行におけるルールが変わりました。今まで二種類あった夜行バスは一つの種類にまとめられ、適用される法律も一つとなりました。具体的には後者が前者と同じタイプとなり、前者のタイプに基づく運行スタイルになったのです。

二つのタイプから一つになった夜行バスですが、運行会社は異なるため競争は続いています。収益が高い区間においては、それぞれが様々な対策を採りながら乗客を集めています。 現在では競争していますが、今後は時と場合によっては協力をする可能性があります。例えば今まで競争していた相手と共同で、夜行バスの運行をするということです。 運行する区間において強力な他の交通機関が登場したとき、協力をするかもしれません。共同運行を行った方が、メリットがあると判断されたら実施される可能性があります。 またこの共同運行がきっかけとなり、新たなビジネスが生まれるということも予測できます。それによってバス業界に、新たな変化が生じて新しいページが開くかもしれません。